保険の種類には貯蓄型保険と掛け捨て型保険というものがあります。この二つはいずれも保険ではあるものの、目的としている部分が違っているため、利用の目的から利用する保険の種類を考えるのが良いでしょう。では、それぞれが目的とするものはどういったことになるでしょうか?

まず貯蓄型保険というのは、貯蓄の方をメインにしている保険だと考えるべきです。というのも、保険料が高く設定されており、保険としての性能を求めるにはコストが高いためです。貯蓄型保険としては学資保険、養老保険、終身保険、年金保険などを挙げることが出来ますが、いずれも最終的には保険料が戻ってくるという制度設計がなされています。そのため、保険を利用しなかった場合にも保険料が無駄になることがないというのが大きなメリットです。

対して掛け捨て保険というのは、保険を利用しなかった場合には無駄になる制度設計が為されています。その代わり保険料は貯蓄型保険に比べて極端に安く設定されている場合日多いため、保険としてだけの性能を考えるのであれば掛け捨て型保険の方が優れているというのが実態です。

自分の保険利用について、どちらの方が適しているのかを考えると良いでしょう。

貯蓄型保険について分かりやすく解説!
貯蓄型保険について理解を深められます。