老後の生活を支えてくれる物と言えば言うまでもなく年金です。

年金がしっかりとしていれば、老後の生活はそこまで心配するようなものではないのですが、老後はどうしても心配せざるを得ないという声もあります。そうです、年金です。公的年金がもはや破綻していると言っても過言ではない状況です。若い人ほど年金を当てに出来ないと思うのも致し方ない話ですが、公的年金はそれでも「生涯もらう事が出来る」という点に於いては有用です。物足りないのも事実ではありますが、その点は素晴らしい部分です。

そこでです。公的年金だけではなく、個人年金等を用意してみると良いかもしれません。公的年金だけに頼るのではなく、公的年金と個人年金の二本立て。これにより、老後を安心する事が出来るようになるのではないでしょうか。公的年金だけでは物足りないですし、かといって個人年金も一生もらえるようなものはありません。

ですがこの二つを上手く組み合わせる事によって、老後の生活に於ける安心感を手に入れる事が出来ると言っても過言ではありません。どちらかだけしか利用してはならないといった決まりがある訳ではないのですから、両方を上手く組み合わせてみるのも良いはずです。

以下のコンテンツも勉強になります。
「インフレでも損をしない年金選び」