日本では、長く景気がよくない状態が続くようになっています。このような状態は、バブルが崩壊してから、すでに20年も経つため、資産形成に大きな影響を与えているといってよいでしょう。

たとえば、金融機関ではまだ低金利が続いているため、銀行預金を行なっても、満足できるような資金づくりができなくなっているのです。さらにバブル崩壊後は多くの企業が倒産し、現在でも企業業績がよくないことから、株の値上がり益を求めても利益効果が少ないとされています。

そのことから、最近は、もっと効率よく資金づくりができるようになる投資への関心が高まるようになっています。投資では大きな利益を得ることが可能です。この方法であるなら、資金づくりとして効果的に資産形成ができるようになります。

しかし、投資はリスクが高く、投資ストレスもあるため、資金づくりとして一般的ではないといってよいでしょう。そこで、最近は、このような問題を解決するために、積立や分散投資で長期に行なう投資への関心が高まるようになっています。

積立投資は、毎月決めた金額を投資する方法ですが、この方法では、ドルコスト平均法を採用しているため、長く続けると、大きな利益を得る機会が増えるようになり、高い利回りが期待できるようになるといわれています。そこで、将来の生活に安心をつくるために、このドルコスト平均法を活用した積立投資が人気となっているのです。

ドルコスト平均法について詳しく知りたい方はこちらへ